NK細胞療法と抗がん剤は組み合わせてもいいの?

免疫力を高めよう

NK細胞はもともと体の中にある細胞ですので、普段の生活の中で免疫力を上げるよう意識していれば、この細胞の働きもより活性化するよう助けることができます。たとえばまず基本となるのが食生活です。食事に手を抜いてしまうと徐々に免疫力が低下し、風邪を引きやすくなってしまうということを経験したこともあるかもしれません。その延長線上として体の免疫がどんどん落ちてしまうとがんなとの悪性の細胞と体が戦えなくなってしまうのです。

ミネラルそこで食生活において免疫力を向上させるために、是非ミネラルを積極的に摂ることを心がけましょう。ミネラルは体温を下げず体を温めることに貢献します。体を温めることは免疫力を維持するために非常に重要で、体温が36度台であればあるほど癌になりにくく、体温が常時35度台の場合癌になりやすいとも言われています。

そのため冷え性の方でも基本的にミネラルを多く含む食品を摂取することによってダメージを最低限に抑えることができるでしょう。また毎日の規則正しい生活を続けることも非常に重要で、特に睡眠不足にならないように気をつけましょう。こうした点に気をつけていれば自然に癌になりにくい体を作り上げることができるでしょう。

NK細胞とは

NK細胞を使った治療法は免疫細胞療法とも呼ばれます。免疫細胞療法とは自分の免疫細胞を体外で培養し、強い力を発揮することはできるよう活性化させ、それを体内に戻すという治療法になります。がん患者はほとんどがこの免疫細胞の活性が低下しているため、がん細胞の増殖を防ぎきることができず体調が悪化して行きます。そこで終わってしまった免疫細胞を強めて増やすことによって、それ以上のがんの進行を食い止めるだけでなく、確実に攻撃することによってがん細胞を消滅させることも期待されています。

治療この免疫細胞療法はもともと自分の体内にある細胞を使った治療法であるため、癌の治療として有名な抗がん剤治療や、放射線治療、また外科的な手術と言った方法と比べ体に与える影響も少なく、非常にストレスなく行うことができます。免疫細胞療法単独での副作用はほとんどないとも言われており、これからのがん治療において非常に有効とされる治療法となるでしょう

とりわけこれまで行われてきたさまざまながん治療の方法と組み合わせて行うことによって、副作用の程度を抑えることができたり、身体全体の免疫力を上げたりすることによる自己防衛本能を改善させることにも貢献します。


・・・免疫力を高めよう

NK細胞療法と抗がん剤治療の組み合わせ

抗がん剤治療は体に大きな負担をかける治療法ではあるものの、がんの治療する上では非常に一般的な治療法と言えます。そのため多少副作用が強かったとしても、この治療法を選択するしかないという場合もあるでしょう。しかし副作用が生じると短期間で治るというわけではなく、全体的な治療が終了するまでしばらくの期間は向き合わないといけなくなります。それは患者にとって非常に大きなストレスになるだけでなく、体力も思う奪うものとなるでしょう。

がんそのような中で注目されているのがNK細胞療法です。NK細胞療法と抗がん剤治療組み合わせることによって、より効果的な治療が期待されています。なぜならNK細胞療法という治療は体に負担をほとんどかけないのです。そのため抗がん剤治療を行う前後にNK細胞療法を行うことによって、より体の免疫力を上げ体力の低下を防ぐことができます

このNK細胞は加齢とともに徐々に失われていくため、血液から活性の強いNK細胞を増殖することによって体内に戻し、がん細胞を含めあらゆる有害な細胞を攻撃するように仕向けるのです。しかしながらこの治療法は今のところ保険適用外となっているため、併用することは高い効果が期待できるものの、費用面を考えると誰もが簡単にできる治療とは言えないでしょう。しかし体に負担をかけないがん治療は現在のところこのNK細胞療法が非常に有効であるため、今後ますます注目されている治療法であることに間違いはないでしょう。そこでNK細胞にまつわるさまざまな役立つ情報をご紹介します。


・・・NK細胞とは