NK細胞療法と抗がん剤は組み合わせてもいいの?

NK細胞療法と抗がん剤治療の組み合わせ

抗がん剤治療は体に大きな負担をかける治療法ではあるものの、がんの治療する上では非常に一般的な治療法と言えます。そのため多少副作用が強かったとしても、この治療法を選択するしかないという場合もあるでしょう。しかし副作用が生じると短期間で治るというわけではなく、全体的な治療が終了するまでしばらくの期間は向き合わないといけなくなります。それは患者にとって非常に大きなストレスになるだけでなく、体力も思う奪うものとなるでしょう。

がんそのような中で注目されているのがNK細胞療法です。NK細胞療法と抗がん剤治療組み合わせることによって、より効果的な治療が期待されています。なぜならNK細胞療法という治療は体に負担をほとんどかけないのです。そのため抗がん剤治療を行う前後にNK細胞療法を行うことによって、より体の免疫力を上げ体力の低下を防ぐことができます

このNK細胞は加齢とともに徐々に失われていくため、血液から活性の強いNK細胞を増殖することによって体内に戻し、がん細胞を含めあらゆる有害な細胞を攻撃するように仕向けるのです。しかしながらこの治療法は今のところ保険適用外となっているため、併用することは高い効果が期待できるものの、費用面を考えると誰もが簡単にできる治療とは言えないでしょう。しかし体に負担をかけないがん治療は現在のところこのNK細胞療法が非常に有効であるため、今後ますます注目されている治療法であることに間違いはないでしょう。そこでNK細胞にまつわるさまざまな役立つ情報をご紹介します。


・・・NK細胞とは


NK細胞とは
Previous post
NK細胞療法と抗がん剤治療の組み合わせ
Next post