NK細胞療法と抗がん剤は組み合わせてもいいの?

NK細胞とは

NK細胞を使った治療法は免疫細胞療法とも呼ばれます。免疫細胞療法とは自分の免疫細胞を体外で培養し、強い力を発揮することはできるよう活性化させ、それを体内に戻すという治療法になります。がん患者はほとんどがこの免疫細胞の活性が低下しているため、がん細胞の増殖を防ぎきることができず体調が悪化して行きます。そこで終わってしまった免疫細胞を強めて増やすことによって、それ以上のがんの進行を食い止めるだけでなく、確実に攻撃することによってがん細胞を消滅させることも期待されています。

治療この免疫細胞療法はもともと自分の体内にある細胞を使った治療法であるため、癌の治療として有名な抗がん剤治療や、放射線治療、また外科的な手術と言った方法と比べ体に与える影響も少なく、非常にストレスなく行うことができます。免疫細胞療法単独での副作用はほとんどないとも言われており、これからのがん治療において非常に有効とされる治療法となるでしょう

とりわけこれまで行われてきたさまざまながん治療の方法と組み合わせて行うことによって、副作用の程度を抑えることができたり、身体全体の免疫力を上げたりすることによる自己防衛本能を改善させることにも貢献します。


・・・免疫力を高めよう


免疫力を高めよう
Previous post
NK細胞療法と抗がん剤治療の組み合わせ
Next post